夫・妻が浮気をした場合

夫が浮気をした場合

夫(旦那)が浮気 不倫している場合は、早期対策が必要です!

男性が浮気(不倫)をする場合は大きく分けて2つのパターンがあります。

(1) 愛人としてつき合っているタイプ
(2) 不倫相手にのめり込み、奥様に離婚を迫るタイプ。

(1)は、家庭のことも大事に思いながらも、愛人のことも大事にしているというふうに、はっきり区別している為、『すぐに離婚』という事は、この段階では考えていないようです。
しかし、いつ「離婚したい」と言ってくるかわかりませんし、突然言ってくる可能性も想定しておかなければなりません。そのため、定期的に浮気調査をして証拠を待ってこることが安心につながります。いざというときのために、まずは証拠を抑えておくことが大切です。

(2)は、家庭(家屋、家族など)を放棄するパターンです。有責配偶者からの離婚は認められていませんので、だいたいその多くは、「家出」、「別居」というかたちをはじめてきます。当然、「離婚したい」と言ってきますし、ある程度の別居期間が続けば、有責配偶者からの離婚も法的に認められるようになりましたので、慰謝料請求や子どもの親権争いも想定した上でも、やはり抑えておきたいのが「浮気の証拠取り」です。
証拠を抑えておくことで、奥様を有利にさせる条件が増えてきます。

妻が浮気をした場合

奥様(妻)が浮気 不倫している場合は、早期対策が必要です!

女性の動物的心理の特徴として、浮気にのめり込み、すぐに本気になる習性があります。そして、いつの間にか「性格の不一致」等で被害者意識を理由に、離婚に運ぶパターンが非常に多くみられます。弊社のご依頼社のほとんどは、妻から先に「離婚してほしい」と言われている事例が多いのですが、いざ調査してみると、その理由が性格の不一致ではない事がわかりました。
そのための証拠は必須となり、また、旦那様も冷静に判断をしなければいけなくなります。それを想定した上での証拠書類は大変重要になります。
男性は、結婚後は、家族の柱として全ての面で家庭を支えていかなければいけません。それだけ重い荷物を背負って日々頑張っているのです。なのに、その一方で勝手に妻に裏切られることほどの屈辱はありません。
復縁、離婚、いずれに転ぶ場合も、できるだけ優位に事を運ばなければなりませんので、その説得材料としての証拠は必ず抑えておかなければなりません。
弊社は、奥様に浮気された男性を必ず助けますので、早い段階での調査をお勧め致します。

ひとりで悩まずにまずはご相談下さい

相談員に会わずに簡単に依頼できます
相談員に会わずに簡単に依頼できます
お返事は、遅くても3日以内にお送りすることを心掛けております。
3日経っても返事が届かないという場合は、ご使用のスマホ、若しくはパソコンで、
受け取りメールの設定を今一度ご確認くださいますよう、お願い致します。